鹿児島合気道錬成館

2014年1月29日(水)。

「春隣」

ポカポカと暖かい日があったかと思うと、真冬の寒さに凍える日もある。
とは言え着実に季節は春に向けて動いている。
「春隣」…。はるどなり。はるとなり。
「叱られて 目をつぶる猫 春隣」
この季節ののんびりした、しかも猫に対する、久保田万太郎の優しい眼差しが伝わる秀句だ。
さて、私たちの暮らしの隣には合気道。
(いや生活の中に合気道か?)
寒中の稽古もあとわずか。
身体を思いっきり動かせる春の稽古がやってくる。
道路沿いの水仙も春を待ちながら凛と咲いている。

1月29日(水)は、正面打ち一教~四教。片手取り四方投げ・内回転投げ・小手返し・呼吸投げ。両手取り小手返しなどを主に稽古しました。






2014年1月12日(日)。

「ウェルカム」

新しい年。
「一年の計は…」かも知れないが、合気道を見学したい。体験したい。入門したい。
という問い合わせが多くなった。
例えば、これまで全く運動をして来なかったのですが…。
他の武道を経験しているんですけど…。
女性でもできますか?
子供はいくつからできますか?
など確認の電話が寄せられる。
合気道の素晴らしさは誰でもが無理なく少しずつ上達できる武道である。
身体を動かす楽しさ。汗をかく爽快さ。仲間が待っている嬉しさ。
を体験できる武道である。
錬成館の合気道は今年も「気負わず、楽しく、礼節を忘れず」稽古は進む。
合気道に興味のある方は大いに見学に、体験にきて欲しい。
解答は道場にある。welcome!

12日の稽古は、片手取り四方投げ・内回転投げ・小手返し。
正面打ち一教・二教・入り身投げなどを主に行いました。